ピコレーザー

ピコレーザーとは

ピコレーザーとは、シミや肝斑除去に効果が期待できるレーザー治療法です。


照射時間の短いレーザーを当てることで、 シミなどの原因となるメラニン色素を破壊します。


従来、シミの除去には、ナノ秒(10億分の1秒)単位で照射できる 「Qスイッチレーザー」が用いられていました。


一方、ピコレーザーはナノ秒よりも短いピコ秒(1兆分の1秒)単位での 照射を行えるレーザー治療機です。



ピコレーザーはQスイッチレーザーと比べても痛みが少なく、 色素沈着を起こしくい上に施術後のリスクを軽減できる次世代の治療法です。

こんなお悩みの方におすすめ

ピコスポット:シミ、小さいほくろ

  • シミ・ソバカスが気になる方
  • アザが気になる方
  • 色素沈着が気になる方
  • 今までの治療で改善できなかった方

ピコトーニング:肝斑、美白、くすみ、トーンアップ

  • 肝斑を治したい方
  • シミやくすみが気になる方
  • 肌のトーンアップをしたい方

ピコフラクショナル:ニキビ痕、小じわ、たるみ

  • 小ジワが気になる方
  • 毛穴の開きや凸凹肌が気になる方
  • 赤いニキビ跡が気になる方

症例のご紹介

  • ピコスポット
  • ピコトーニング
  • ピコフラクショナル

ピコスポット

ピコスポットは、シミやそばかす、アートメイクなどの色素沈着が気になる特定の部位を集中的に照射して除去する治療法です。

高出力のレーザーを使用するため、短時間で色素沈着を効果的に取り除くことができます。

痛みは輪ゴムで弾かれたような感覚がありますが、肌へのダメージは最小限です。

また、個人の体質によりますが、ダウンタイムはほとんどなく、施術後すぐにメイクをすることも可能です。治療後に炎症性の色素沈着が起きるリスクも低いです。

ピコトーニング

ピコトーニングは、顔の広い範囲に低出力のレーザーを照射し、徐々にメラニンを減少させる治療法です。

従来の高出力レーザーでは、肝斑に刺激を与え、逆に症状を悪化させるリスクがありました。

しかし、ピコトーニングは肝斑に対応しており、他のレーザー治療を受けることができなかった方にも施術の可能性があります。

また、施術時の痛みが少なく、ほとんどダウンタイムが必要ないという点も利点です。

ピコフラクショナル

ピコフラクショナルは、点状に集中したレーザーを肌の深層に照射し、新しい皮膚の再生を促す治療法です。

この治療法は、ニキビやニキビ跡の改善、小じわの除去、肌のハリ向上など、肌質の総合的な改善が期待されます。

ピコフラクショナルの特徴は、皮膚の表面をほとんど傷つけず、痛みやダウンタイムが最小限に抑えられることです。施術後に一時的に赤くなることもありますが、多くの場合、1日から数日で治癒します。

当日の流れ

STEP
1

カウンセリング

施術前にお肌の状態を診て、施術範囲や回数、併用療法などの治療プランを決めていきます。治療内容・アフターケアの方法・治療費・治療スケジュールなどの詳細を決めていきます。

STEP
2

洗顔・クレンジング

メイクをしている場合はクレンジングでしっかりとメイクを落とします。素顔の場合も、洗顔して皮脂や汚れなどを落とした清潔な状態にします。

STEP
3

*ご希望のお客様は麻酔クリーム塗布
(20分間)

STEP
4

照射

STEP
5

終了

*当日からシャワー・入浴・化粧OKです。
レーザー照射後、ほとんどの方が赤みはでませんが、でた場合は一時的で数日でひいてきます
従来のレーザーは赤み、水膨れ、内出血、炎症後色素沈着などのリスクがありましたが、ピコレーザーは従来よりも起きづらいと言われています。
上記のダウンタイムが起きた場合でも、その期間は短いです。
レーザー前後の日焼け対策はしっかりとしてください。

ご予約
Instagram
LINE
TOP